【大学生におすすめのレンタカーランキング】保険内容や割引制度を紹介

こんにちは、エックスです。

大手レンタカー会社の現役店長がお伝えするレンタカーワールドへようこそ!

レンタカーを使う大学生の方って、実はたくさんいるんですよ。

みなさん、サークルや友達とのレジャーでレンタカーを借りて楽しい時間を過ごせているようですが、みなさんはいかがでしょうか。

この記事では

・大学生におすすめのレンタカー会社ランキング
・大学生がレンタカーを上手に使えるようなポイントをお伝えします。

読み終えると、安くレンタルする方法やレンタカーを使う上での注意点などが理解できますよ。

安心してレンタカーを使えるようになりましょうね。

では、いってみましょう。

大学生におすすめのレンタカー会社ランキング■ロードサービス内容比較■

大学生におすすめのレンタカー会社ランキング■ロードサービス内容比較■

実際、大学生の方々はレンタカー会社をどのような基準で選んでいるのかを聞いてみると『値段』という声が一番多いです。

なるべく安く借りたいのは私も大賛成ですが、『値段』だけ見て選ぶのはおすすめしません。

レンタカー会社の対応で一番変わってくる所は、トラブル時の対応力です。

例えば、旅先などで車が故障した時、レンタカーの利用者はみなさん混乱してます。

なので、その点を重視した安心できるレンタカー会社を選んでみました。

1位 オリックスレンタカー

・全国店舗数

全国主要空港、主要駅を含む約1100ヵ所

・ロードサービスの内容

バッテリーのジャンピング
各種バルブやヒューズの取替え
冷却水の補充
ガス欠時の燃料補給(電気自動車には電気補充)
インロック時のカギ開け(一般シリンダーに限る)
スペアタイヤとの交換作業
脱輪および落輪引き上げ

主に30分程度で対応可能な応急対応になります。

トヨタレンタカーにつぐ店舗数があり、ロードサービスも充実しています。

オリックスレンタカーにはトラック専門で扱っている店舗もあるので、幅広い車種・ネットワークで利用者を安心させてくれるでしょう。

さらにこれから車の購入を検討している方などにはおすすめな点があります。

オリックスレンタカーはメーカー系のレンタカー会社ではないので、いろいろなメーカーの車種が揃っています。

試乗などいろいろな使い方ができますよ。

それに初心者(運転免許証取得後1年未満)へのレンタル制限がなく、補償制度も充実してますのでおすすめです。

ご予約はこちら👇

【車種が豊富】オリックスレンタカーで予約

2位 トヨタレンタカー

・全国店舗数

全国主要空港、主要駅を含む約1200ヵ所

・ロードサービス内容とは

車両搬送サービス(レッカー)
バッテリー上がりの再始動
インロック時の鍵開け対応
パンク時のスペアタイヤへの交換
落輪引き上げ(落輪引き上げは1mまで)
ガス欠時の燃料補給

店舗数が多いという事は、それだけネットワークが広いという事です。それにレンタルできる場所が多いというのは、借りる側としても助かりますね。

もちろん車種はTOYOTA車のみで、新しい車種など勢ぞろいです。

そこにロードサービスも加わるので、利用者は安心してお出かけできますね。

ただし、初心者(運転免許証取得後1年未満)へのレンタル制限がある店舗と制限していない店舗があるので、事前にレンタル出来るかどうか確認しましょう。

ご予約はこちら👇

【トヨタ車希望】トヨタレンタカーで予約

3位 タイムズカーレンタル

・全国店舗数

約500ヵ所

・ロードサービスの内容

レッカー搬送(貸渡店舗指定の修理工場まで牽引)
キー閉じ込み時の鍵あけ
バッテリージャンピング
ガス欠時の給油
スペアタイヤ交換
落輪時の引上げ

さらに付帯サービスとして、旅行(移動)継続費用サポートというサービスがあり

クルマのトラブル(事故・故障)で、24時間以内に代わりの公共交通機関を利用して移動する場合、同乗者を含め1人当たり¥20,000円まで移動費用を補償。

ほかにも宿泊費用サポートというサービスは

クルマのトラブル(事故・故障)で、緊急に宿泊が必要になってしまった場合、宿泊施設の案内、紹介を行い、同乗者を含めて1人当たり¥15,000円まで(当日1泊分)宿泊費用を補償。

があり、上記サービスのどちらかですが、利用することもできます。

旅先でのトラブルに手厚い保証が含まれている点が特徴です。

初心者(運転免許証取得後1年未満)へのレンタル制限がなく、補償制度も充実してますのでおすすめです。
ご予約はこちら👇

4位 ニッポンレンタカー

・全国店舗数

約900ヵ所

※レンタカーを利用する際、『安心コース』を指定した時の内容になります。

・ロードサービスの内容は

タイヤ周りのトラブル補償(スペアタイヤへの交換、パンク時のタイヤ修理代またはタイヤ代、ホイールキャップ紛失時のホイールキャップ代)
バッテリー上がり時の再始動
ガス欠時の補給
キー閉じ込め時の開錠(一般シリンダーに限る)
脱輪時の引上げ

さらに、万が一レンタカーが使えなくなってしまった時に、電話案内サービス(代替交通機関、宿泊案内、近くのガソリンスタンド等)もあります。

業界3位の規模を誇っていますが、顧客満足度は2位というサービスの行き届いているニッポンレンタカーは各種レンタカープランが充実しており、長時間営業している店舗が多く、安心コースなら補償も万全です。

また、デートなどでプレミアムレンタカーを借りるなら、ニッポンレンタカーの1択かと思います。

ただし、初心者(運転免許証取得後1年未満)へのレンタル制限、また補償オプションも加入制限のある店舗と制限していない店舗があるので、事前にレンタル対応しているか確認しましょう。

安心してレンタカーを借りるには保険・補償制度の理解は必須です

安心してレンタカーを借りるには保険・補償制度の理解は必須です

レンタカーは何処かへ向かう為の交通手段です。

その向かっている途中に気になるお店や観光スポットに寄ることで、新たな発見があったりとドラマがあるものです。

それにはちゃんと使い方を理解しないと、思わぬ落とし穴があるかもしれません。

保険の内容を知らないでレンタカーを借りるのはNG

レンタカーの保険内容はご存じですか?

もしこれを知らないでレンタカーを借り、万が一、事故を起こされてしまうと大変です。

実際、レンタカーを初めて使う方はほとんど理解されていないのが現状です。

なので、ここでお伝えしますね。

以下、オリックスレンタカーを参考にして説明します。

となります。

簡単に言いますと、

・『対人保険』:通行人や相手の人に対して保証する保険
・『対物保険』:相手の車や所有物の損害を保証する保険
・『車両保険』:自分の乗っている車の損害を保証する保険
・『人身傷害補償』:一緒に乗っている方も補償してくれる保険

という事です。

各レンタカー会社によって若干違いはありますが、大手レンタカー会社はほとんど似た内容になっております。

こう考えると、実は車には相当な保証がかけられているんですね。

ちなみに『免責額』の意味ってお分かりですかね?

とても質問が多い言葉なので解説つけました。

『免責額』:万一事故を起こした場合、補償額のうち運転者が負担する金額のことです。負担金を支払うことで、その補償額を一定額で責任を免れることが出来ます。

レンタカー事故に備えて保険・補償制度へ加入しておこう

これまでのレンタカーの説明で、手厚い保険に入っているから大丈夫!とは思わないで欲しいです。

先ほど説明した免責額は、事故が起きた時にレンタカー契約者を守ってくれる内容にすぎません。

レンタカー会社にも、車両の修理が発生した場合の休業補償を支払わなくてはなりません。

だから

『保険のオプションとか付けると値段が高くなるよね』
『あまりレンタカーにお金かけたくないし、レンタルできれば問題ないよね』

というのは、あまりおすすめしません。

むしろレンタカー会社は利用者へ負担を減らすオプションを用意してくれているだけに過ぎないのです。

実際、私の所属している店舗は近くに大きな国立大がありまして、そこの学生さん達が次に30組以上利用してくれます。

そのうち90%以上の方が保険の補償制度に加入されていますよ。

運転に自信が無かったり、遠方に行くなど上手く活用していきましょう。

大学生がレンタカーを借りるのに安くなる割引制度はあるのか

大学生がレンタカーを借りるのに安くなる割引制度はあるのか

安心・安全なレンタカーが分かったら、今度はお得なレンタカーを見つけていきましょう。

今は『学割』という言葉は日常的になってきましたね。では、レンタカー業界ではどうなっているのか調査しました。

大学生協のレンタカー予約を活用しよう

実際、大学生を優遇しているレンタカーの割引制度はありません。

しかし、大学には生協があります。

実は大学生協のレンタカープランは、一般で借りるよりだいぶ安いです。

例えば、大学生協と各レンタカー会社の取り決めで補償制度込みの特別契約プランが組まれております。

各大学生協の窓口で問い合わせてみてください。

もちろん、大学生でないと使えませんのでご注意くださいね。

大学生がレンタカーを借りるのに学生証は身分証明書になるのか

大学生がレンタカーを借りるのに学生証は身分証明書になるのか

車をレンタルするということは、高価な物のレンタルということですよね。

今は初めてレンタカーを利用する方は原則クレジットカードでの精算をお願いしております。

なぜかというと、やはりクレジットカードのように電子マネー決済のほうが防犯のリスクが少ないのと、クレジットカード所持している方のほうが社会的信頼があるとの見方があるのです。

つまり、レンタカー会社としては、社会的信頼の証明があれば問題ないのです。

ですが、実際クレジットカードを使うことに抵抗があったりしますよね。

そこで身分証明書の代わりとして、大学生の方は『学生証』が使えるのです。念のため、事前にレンタカー会社へ確認するようにして下さいね。

レンタカーを利用する上での身分証明書とは

・健康保険証(現住所が印字されている)
・マイナンバーカード
・住民票
・公共料金領収証(ガス・電気・水道など)

がありますので、『学生証』と合わせていずれかを準備すれば万全ですね。

大学生がレンタカーを格安でレンタルするには

大学生がレンタカーを格安でレンタルするには

レンタカーの料金を安くおさえるには、実はインターネット予約が一番安いです。今ならスマホがあれば、何処からでも予約が出来る時代です。

実際、レンタカー会社には料金表というパンフレットが置いてありますが、インターネット上には各社お得な割引プランが多数あるのです。

場合によっては50%off なんてこともあったりします!その上で、レンタカー会社の比較ができますよね。

それが『ポータル比較サイト』なのです。

ポータル比較サイト経由でレンタカーを探す

ポータル比較サイトは以下の3社を押さえておけば問題ないと思います。

じゃらんレンタカー

じゃらんはみなさん、紹介する必要ありませんよね。

有名旅行サイトで、そのなかにレンタカーの予約も出来ます。

各レンタカー会社のインターネットプランが一覧で出てくるので、とても使いやすくて比較がとても見やすいです。

実はポータル比較サイトではじゃらん経由で予約されている利用者はかなり多いです。

それくらい信頼が厚いのでしょう。

たびらい

たびらいレンタカー予約では、利用者に品質面やサービス面で安心できる大手レンタカー会社の車を中心に、定価の最大50%OFFで予約できます。

カーナビ・消費税・ETC車載器・免責補償費がすべて込みの料金表示だから、料金比較がとても簡単です。

レンタカー専門予約サイトとして、400万台の予約実績があるポータルサイトになります。

skytickレンタカー

skytick(スカイチケット)レンタカーは、幅広くレンタカー会社と提携している国内最大級のレンタカー予約サイトです。

大手レンタカー会社はもちろん、地方の格安レンタカーも含めて幅広いお得なプランの最安値検索ができます。

当日予約が可能、会員登録も不要なため、ユーザビリティの高さから学生~ビジネスまで多くの方から申込み・支持を受けているポータルサイトです。

【参考例】レンタカーを使って思い出作りの旅へ出よう

【参考例】レンタカーを使って思い出作りの旅へ出よう

実際にみなさん、どんなレンタカーの使い方をしているのでしょうか。

見ていただくと分かりますが、やはりレンタカーの使い方はプロに1度相談してみるのがいいかもしれませんね。

一部ですが、このような使い方をしていますよ。

友達を2人とアウトレットに行こう編

レンタル日程:12時間

レンタル車種:ダイハツ ムーヴ

オプション:免責補償、NOC補償

予算:¥5,800-前後

アウトレットのセールに行ってきました。

軽自動車でも燃費良くて、レンタカーは安いのが良かったので満足でした。

今後もレンタカーを使うと思いますが、町乗りには軽自動車で十分ですね。

彼女と2人きりで温泉旅行に行こう編

レンタル日程:1泊2日(48時間)

レンタル車種:ホンダ フィット

オプション:免責補償、NOC補償

予算:¥9,800-前後

最初は軽自動車で予約しようと思ったのですが、レンタカー会社の方から

『どこまで行かれるんですか?』

と言われたので、伊香保温泉ですと伝えたら

『高速使うんじゃ、軽自動車より普通車のほうが楽ですよ』

と、案内されました。

たしかに高速使うんなら、普通車のほうが楽でした。

ありがとうございました。

卒業旅行を5人で沖縄パーっと楽しもう編

レンタル日程:1泊2日(36時間)

レンタル車種:ホンダ フリード

オプション:免責補償、NOC補償

予算:¥10,500-前後

5人だから、コンパクトタイプの車を選んだのですが、当日レンタカーの契約をしている時に美味しいお店とか教えてくれて、とても安心しました。

また、対応してくれたスタッフさんがみんな荷物も多かったのを見かねて

『少し大きめな車ありますけど、そちらにしますか?買い物とかしたら、荷物増えてしまいますよね。』

と話してくれて、急遽ワンランク大きい車にしました。

お陰で、お土産とかも買えて楽しい旅行になりました。

冬はやっぱりスノーボード大好き3人衆編

レンタル日程:1泊2日(24時間)

レンタル車種:トヨタ ヴォクシー

オプション:免責補償、NOC補償、4WD

予算:¥15,700-

大好きなボード行くのにレンタカーを借りました。

最初は3人だし、もっと小さい車で行こうとしましたが、レンタカー会社のスタッフさんから

『板とか積むならワゴンタイプじゃないと載らないですよ。それに他の荷物はありませんか?』

と言われてワゴン車にしましたが、大正解でした。

ゆったり乗れて、車内での着替えも楽だし、とても楽しいボードに出掛けられました。

まとめ

大学生の方がレンタカーを利用して、どこかに出かけるということはごく普通のことです。

友達や彼女とデートするなど、楽しみな反面、車を運転するということのリスクを知っておくことが必要です。

知らなかったではすまないので、ちゃんとレンタカーの保険や借り方の知識をつけて、楽しい時間が過ごせるように私のブログを参考にしてくれたら幸いです。

お気をつけていってらっしゃい!

関連記事

  1. 【レンタカーで長距離移動】おすすめハイブリッドカーを紹介

  2. 引っ越し用のおすすめレンタカーは?【トラック、ハイエースバン】料金比較…

  3. レンタカーの選び方に困ったあなたへ【3つのおさえるべきポイントを教えま…

  4. レンタカーでETCカードを借りる方法【ETCレンタルの疑問にもお答えし…

  5. スノボに行くならレンタカー【おすすめ車種や予約方法をご紹介】

  6. レンタカーの保険で必ず知っておきたい2つのポイント【現役レンタカー会社…

  7. 【レンタカーでデート】ドライブデートで注意するポイントとは

  8. レンタカーの初心者でも安心【1人でも借りれるおすすめなレンタカー会社と…

最近の記事

最近の記事

  1. テクニック

    通勤しながら本を聴いてみた【Audibleの活用…
  2. マネジメント

    副店長を辞めたいと思う気持ちとは
  3. Billiard

    ビリヤードキューケースをおすすめブランドで比較【…
  4. モチベーション

    Audible(オーディブル)を無料体験してみた…

アーカイブ